メニュー展開

2019.11.26

No114【柔軟性の左右差解消】巻き肩を改善する方法とは?

こんにちは!!

数年前は身体が硬いで有名だった

豊田市山之手のパーソナルトレーニングジム

B’ALLYS(ビーアライズ)の長井です!!

のっけから黒歴史を暴露しておりますが

事実ですからね、はい。笑

そんなわけで今日は身体が柔らかくなる人が

増えればと思いますので

背中にフォーカスした猫背改善

柔軟性の左右差解消方法をお伝えします!!

身体が柔らかくなる仕組みの簡単な説明はこちら

【広背筋(背中の筋肉)の起始と停止】

起始と停止というのは

筋肉がどこからどこについているかということです。

広背筋について簡単に言うと

起始は骨盤と背骨の中央から下

停止は腕の前側

だいたい丸く囲ってあるところです。

「背中の筋肉なのに身体の前側についているんだなぁ」

これだけ軽く覚えていただければOKです。

この筋肉の働きはと言いますと

・腕を身体に寄せる(気をつけの姿勢)

・腕を後ろに引く動き

・肩を内巻きに、または腕を内側に捻る動き

・腕が地面と水平の状態で腕を後ろに動かす動き

ひとつ気になる動きがありませんか?

肩を内巻きに

または腕を内側に捻る動き!!

これって猫背や肩コリ姿勢に繋がるものです。

機能として働くならOKですが

身体が硬いから結果として常に

この働きをしてしまっているというのは問題です。

【改善ストレッチ】

四つん這いの状態で肩の真下に手をつきます

手のひらは上にして、斜め前に手を置きます。

手の位置は変えず、息を吸って

吐きながらお尻を後ろに引いていきましょう。

赤く囲った辺りに伸び感があればOKです。

そのまま自然な呼吸で30秒キープで

反対も同様に行います。

手の位置は反対側の方の正面に置く感じです。

あとはお尻を引くだけ。

まとめ

今回は背中の筋肉に注目した

巻き肩、左右差改善ストレッチをご紹介しました。

肩が内巻きになると

首や肩にも力が入りやすくなってしまいます。

肩コリに関する前回の記事はこちら

今回ご紹介したストレッチは

あくまで改善策の手段の1つです。

「伸び感が強いな」

そう感じた方は、少し長めに伸ばしてみましょう。

今後YouTubeインスタグラムでも

動画でご紹介していくので

興味がある方はチャンネル登録なども

ぜひしてみてくださいね^^

【店舗情報】

60分 6,000→3,000(税抜)

体験トレーニングのご予約はこちら

最寄り駅の土橋駅、三河豊田駅からお車で5分

豊田市駅、みよし市、岡崎からお車で15分

安城市や刈谷市からはお車で20分の好立地にある

豊田市山之手のパーソナルトレーニングジムです。

血流制限をして行う加圧BFRトレーニング

お二人で一緒に行うペアトレーニングもございます。

体力レベル、運動経験に関わらず様々な方の

トレーニングを担当させていただいてきたトレーナーが

マンツーマンでサポートいたしますので

初めての方でもご安心ください。

体験トレーニングでは

・体組成測定

・カウンセリング

・その後簡単なトレーニング

この3つを行い、目標達成へ向けての

方向性をお話した上でトレーニングを行います。

身体作りをしたいけど、一人では続かない。

週に1度の1時間なら頑張れそう!!

焦らず時間をかけて身体を変えたいという方。

まずはお気軽に体験トレーニングにお越しください^^

住所

471-0833

愛知県豊田市山之手6-57 加納マンション

HP

https://b-allys29.com/

TEL

0565-77-2098

インスタグラム

https://www.instagram.com/b.allys_personaltraining/

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UC4i2BbDdb-GTnLRNjTqk6qw?view_as=subscriber

体験のご予約はこちら

https://mitsuraku.jp/pm/online/index/z9b9l8/eNpLtDK0qi62MjSyUsovKMnMzytJTI_PTFGyLrYys1IytDQ2NzdXsq4FXDD1XCILpw,

NEWS一覧へ